茨城県の洪水被害の甚大さは、皆さんテレビなどでご存知かと思います。
震災被害を思い浮かべた方も多いと思います。

NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワーク CAPIN」さんの公式ブログによりますと、
犬猫の同行避難はやはり難しかったようです。連れて行けた子もいれば、拒否された子もいる…
人命優先の避難現場ですから、家族といっても犬猫は後回しにされる現実があります。
それでも震災の経験から各ボランティア団体や県の保護センターも積極的に活動を開始しています。

茨城県動物指導センター 支援物資募集中
上記CAPINさんの支援物資募集

さて、では何かできることはあるのかといつも考えます。
被災地への支援もあるでしょう。物資の支援、預かりボランティアなどなど。
しかし、まずは自分の周りの確認から始めてみるのも良いかもしれません。

小田原市土砂災害ハザードマップ

この地図には土砂災害だけでなく、浸水予想地域も表示されています。
避難の方法や犬猫をどのように連れて行くかなど、一度見直してみるのも必要です。

神奈川県動物保護センターや県内のボランティアで動物の避難について
議論や方策は練られていますが、すべての犬猫が避難できるとは限りません。
今のうちに、何かあったときに預かってもらえる友人や親類を確保しておくことも
大切かと思います。
またはぐれたときに備えて、迷子札を必ずつけておく、携帯で犬猫の特徴を
捉えた写真を撮っておくのも重要です。

茨城で保護された18匹の子犬も里親を募集中とのこと!

2015y09m14d_135001648